文字サイズ

平子理沙 セクシーなハミ乳にクギづけ

胸元も胸の下も大胆に露出した衣装で登場した平子理沙
セクシーな衣装で美少女フィギュアにはまっていることを明かした平子理沙=東京・六本木
セクシーな衣装で登場した平子理沙(左)とパンツェッタ・ジローラモ=東京・六本木
3枚3枚

 モデルの平子理沙(44)が5日、都内で、13日からオーストラリアで開幕するF1を盛り上げるイベント「GOLD×LEON The eve of F1 エキサイティングナイト」に登場した。

 平子は流行の前髪ぱっつんのボブヘアに、胸元と腹部が大きくカットされたカラフルなワンピース姿。セクシーな衣装の胸元は“ハミ乳”状態で、44歳とは思えぬ美貌とともに来場者の視線をくぎ付けにした。

 19歳で初めてモナコGPを取材するなど、F1リポーターの経験がある平子。「91年に(アイルトン・)セナが(母国の)ブラジルで初優勝して泣きじゃくる姿に感動しました」と思い出を語った。

 当時はセナ、ナイジェル・マンセルらが活躍したF1黄金時代。F1バブル景気に沸いた時代でもあり、「船の上で食事したり…」とゴージャスな体験を振り返った。

 「F1ドライバーから結構お誘いがあったのでは?」と突っ込まれると、「結構誘われましたよ」と告白。女優・後藤久美子がジャン・アレジ(フランス)と、レースクイーンだった遠藤賀子がミカ・サロ(フィンランド)と結婚するなど、日本人とF1ドライバーの結婚も続いたが「(当時は)19歳だったので」と言葉を濁し、仲が良かったドライバーとして、ミカ・ハッキネン(フィンランド)の名前を挙げていた。

 かつてはエンジン音で車種が分かるほどF1にはまっていた平子だが、現在は2年前から深夜アニメに影響を受け、「美少女フィギュア」収集にシフトチェンジ。

 100体以上所有しているそうで、「かわいい女の子を集めています。『すーぱーそに子』が好き」とゲームメーカーのイメージキャラクターの名を挙げ、“アキバ系女子”であることを明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス