文字サイズ

「永遠の0」最多8冠 岡田はW受賞

8冠に輝いた「永遠の0」の山崎貴監督(前列右)。同左は最優秀助演女優賞の黒木華
1枚拡大

 第38回日本アカデミー賞の授賞式が27日、都内のホテルで開かれ、山崎貴監督の「永遠の0」が作品賞や監督賞、主演男優賞(岡田准一)など最多8部門で最優秀賞を受賞した。

 岡田は「蜩ノ記」で最優秀助演男優賞も獲得。男優で主演と助演の最優秀賞をW受賞するのは史上初めて。

 「永遠の0」は百田尚樹氏のベストセラーの実写化。天才的な飛行技術を持ちながらも臆病者と呼ばれ、太平洋戦争の特攻で亡くなったゼロ戦パイロットの祖父の足跡を、孫がたどり、真相を知るまでを描いた。

 史上初の主演&助演同時受賞となった岡田は「20年間、本当に怒られて、怒られ続けて」とV6というアイドルグループに所属しながら20本の映画に出演したことを振り返り、「映画人と認めていただけて…最高の日です」と感極まり、涙した。

 なお「永遠の0」はほかに編集賞、美術賞、撮影賞、照明賞、録音賞で最優秀賞に輝いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス