文字サイズ

年末年始視聴率 元日「格付け」首位

 年末年始の主な番組視聴率が1日、ビデオリサーチから発表された。(視聴率はビデオリサーチ調べで、関東地方の世帯平均視聴率)

【12月30日 「レコ大」がトップ。「さんま御殿」、「アメトーク」も堅調】

 TBS系「第56回輝く!日本レコード大賞」が同時間帯でトップだった。午後6時30分から同7時が13.8%、同7時から同10時が15.6%だった。

 「超踊る!さんま御殿!2871人の名場面大放出4時間30分第忘年会SP」(日本テレビ系)は第1部(午後6時30分から同7時)が11.2%、第2部(同7時から同11時)が14.8%で続いた。雨上がり決死隊が司会の人気トーク番組「アメトーーーーーーーーーーク!年末5時間SP」も午後6時30分からの30分間が7.9%、午後7時から同11時30分が13.3%と健闘した。

【12月31日 「紅白」微減、「ガキ使」が裏番組トップ】

 「NHK紅白歌合戦」は第1部(午後7時15分~同8時55分)は昨年から1.8ポイント減少の35.1%。後半の第2部(午後9時~同11時45分)は昨年から2.3ポイント減少の42.2%だった。

 “紅白の裏番組”では「ガキ使」の「笑ってはいけないシリーズ」がトップを守った。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP」(日本テレビ系)が第1部(午後6時30分~同9時)が18.7%、第2部(午後9時~15年1月1日午前0時30分)が16.0%で共に、「NHK紅白歌合戦」を除いた同時間帯で1位だった。

 「ガキ使」は2010年から5年連続で“紅白の裏番組”としての視聴率トップを守った。

 ちなみに、他局の番組視聴率は以下の通り。

 (テレビ朝日)「くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー」

 午後6時~同7時 8.8%

 午後7時~同11時45 5.9%

 午後11時45~翌午前1時30分 5.4%

 (TBS)「KYOKUGEN2014」

 午後6時~同6時30分 9.9%

 午後6時30分~同8時30分 8.3%

 午後8時30分~同10時10分 9.0%

 午後10時10分~同11時35分 3.4%

 (テレビ東京)「第47回年忘れにっぽんの歌」

 午後5時~同9時30分 5.8%

 「ボクシング3大世界戦」

 午後9時30分~11時30分 5.6%

 (フジテレビ)「フェイス・オブ・2014世界が選ぶ今年の顔!」

 午後6時~同9時 4.0%

 「ワンピース エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」

 午後9時~同11時 3.3%

 【1月1日 「格付け」、「相棒」テレ朝好調】

 定番企画が人気を集めた。テレビ朝日系が放送した「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2015お正月SP」(午後6時から同9時)が17.0%でトップだった。同番組は有名芸能人がワインや音感、牛肉といった様々な分野で一流品とそうではない品との目利きを行う。

 「芸能人格付け-」の直後に放送された「相棒season13元日SP」も16.9%と同時間帯トップ。元日夜はテレビ朝日が好調だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス