文字サイズ

タモリ31年ぶり紅白「恥ずかしかった」

31年ぶりの紅白歌合戦を満喫したタモリ
1枚拡大

 「第65回NHK紅白歌合戦」(31日、東京・NHKホール)

 総合司会を務めた34回以来、31年ぶりの出演となったタモリは、終了後に「いや~ホント31年ぶりだよ。出演者が全員知り合いで恥ずかしかった。本当に楽しかった」とにこやかに振り返った。

 オープニングでは司会陣、黒柳徹子とともに登場。31年前は紅組司会だった黒柳と当時を振り返った。「31年前の総合司会をやりましたよ。大変でしたよ」、「34回紅白歌合戦って言おうとした時に、(ディレクターが)巻いて(テレビ業界用語で「急いで」)って」。スケジュールがタイトな生放送ならではのエピソードだが、この話をしている時にも「巻いて」の指示が出ており、嵐から「時間がないんです」と進行を促されていた。

 出場歌手の多くと親交があるため、ステージ上からの“タモリいじり”も多かった。和田アキ子の「古い日記」では「タモちゃんも!」と振り、「ハッ」とノリノリで反応。V6の「WAになっておどろう」でも「タモさんも一緒に!」とダンスを促された。

 昨年3月に終了した「笑っていいとも」(フジテレビ系)を思い起こさせるやりとりもあった。副音声担当のバナナマン・日村勇樹から副音声実況ブースに「来てくれるかな~」とあの名フレーズを振られたが、さすがに他局とあってか、ここでは無言で苦笑い。SMAPの香取慎吾とは「タモリさん、お久しぶりです」(香取)、「毎週、会ってたのになあ」(タモリ)と懐かしんだ。

 ほぼ演出の枠から大きくはみ出さなかったが、中盤でのトークで「そうですね♪」と歌い出すシーンがあった。「私は司会をやったし、審査員もやった。紅白で歌ったことがなかったんです」と紅白の舞台での“歌唱”実現を満足そうにしていた。

 締めもタモリだ。優勝した白組の大野智に優勝旗を手渡す大役を果たし、「えー、今日は人生初っていうのがあったんですが、初めてペンを振ってきいたのが初めてなんですね。意外と楽しかった。おめでとうございます」と人なつっこく笑った。

 審査員席はステージに一番近い席に設けられている。SMAPの中居正広は本番前日に「タモリさんがいるので緊張する」と漏らしていたが、タモリ自身は誰よりも31年ぶりの紅白を満喫したようだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス