文字サイズ

高橋みなみ 卒業後もAKB携わる

 AKB48が劇場デビュー10周年を迎える来年12月8日をメドに卒業することを発表した高橋みなみ(23)が11日未明、ニッポン放送の「AKB48のオールナイトニッポン」に、グループ総監督の後継者に指名した横山由依(22)とともに生出演した。

 8日に秋葉原の専用劇場で行われた9周年特別記念公演中の電撃卒業発表となったが、「劇場で言えてうれしかったです」と高橋は心境を告白。「1年後も私は現場に来るし、スタッフの会議にも出る。自分のことを大事にしつつも、そこはやっていこうと思う」と、卒業後は“裏方”としてAKBに携わる考えであることを明かした。

 決断の経緯についても説明した。「1カ月半くらい前に秋元先生と2人でご飯に行って、『卒業どうするの?』と言われて。私の中では(前田)敦子の(卒業の)ときから10年と思っていたので、意思だけは伝えたら、『だったら(発表は)12月8日だな。1年前がベスト』と言われて」。総合プロデューサーの秋元康氏(56)からのアドバイスを受けて、自分の考えていた発表タイミングより早めたという。

 発表時は涙を流すだけでコメントできなかった横山は、事前に後任を託された瞬間を「プロポーズされるくらいの緊張感やったんです」と振り返って、「たかみなさんがいないAKBは、今の時点でまったく想像がつかない」と胸中を吐露。「先輩たちが追ってきた夢を、もう1回追っかけるのがいいのかなと思っています」と今後の“活動方針”を立てていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス