文字サイズ

戸田奈津子さん 左目視力失っていた

 左目の視力を失っていることを打ち明けた戸田奈津子さん
1枚拡大

 映画字幕翻訳家の戸田奈津子さん(78)が左目の視力を失っていることを9日、フジテレビ系「ノンストップ!」の取材に対して打ち明けた。

 「タイタニック」「インディ・ジョーンズ」など1000以上の作品を翻訳してきた戸田さん。トム・クルーズやブラッド・ピットらが来日した際には通訳も務め、プライベートでも親交を深めてきた。

 そんな戸田さんが、実は目の異常に苦しんできた。「60歳くらいの時かな。グラフ用紙や障子の桟が曲がって見えるわけ」。1994年、戸田さんは58歳だったとき加齢黄斑変性と診断された。

 網膜の中心にある黄斑に異常が生じ、ゆがむ・暗く見えるなどの症状が起こる病気で、いったんかかると治ることはない。

 8年前から症状はさらに悪化、字幕の翻訳に際しても困難が生じるようになってきた。

 戸田さんは今の状態について「片目つぶるとあなた(取材者)、真っ黒け。焦点にしているところが見えないの」という。

 週1本ペースだった字幕翻訳は今、左目を閉じて右目だけを使い、月1本ペースで続けているという。

 「今はそんなに詰めて仕事はしていません。字が読めないのはとても不便。距離感がないからよく階段から落ちるし…」

 それでも戸田さんは字幕翻訳をやめない。「楽しい仕事だし、好きで選んだのだから」、どんなにペースを落としてもこの“天職”をやれる限りはやり続けるつもりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス