文字サイズ

北島三郎 紅白「歌合戦」形式終了提言

昨年で紅白を引退した北島三郎が「歌合戦」に疑問。写真は大阪・新歌舞伎座での公演より
3枚

 歌手の北島三郎(78)が5日、大阪市内で、歌手生活最後となる1カ月の座長公演「北島三郎最終公演」の大阪公演(2-30日、新歌舞伎座)のPR会見に出席。昨年末に“引退”を発表した紅白歌合戦について「『歌合戦』はやめた方がいい」と提言した。

 北島にとって、紅白に出場しない年末は、1986年以来28年ぶり。その前は、デビュー年の1962年までさかのぼる。年末の予定については「何本かテレビの仕事があって、紅白も見るとは思いますが」と話したが、来年1月6日からは座長公演のフィナーレとなる福岡・博多座公演が始まるだけに、「今年は紅白に出ないからゆっくり見ようとも思ったけど、いろいろ別のこともあるから、来年には」と、今年も多忙であることを明かした。

 その上で、近年の紅白について「今は自分たちの出番まで、何も用事がない。人ばかり多くて…。ものすごく多い。人数の多いグループが多いから、大変ですよ。楽屋もいっぱいで」と苦笑い。

 「歌合戦じゃなく、日本の歌の祭典っていう風にやった方がいい。昔みたいに“合戦”じゃなくなってますから。僕はNHKさんに何べんか言ってるんですけどね。いまだ変わらない。誰と歌合戦してるのかってね」と提案した。

 また、北島にとって座長公演は、1968年から続くライフワークの1つ。紅白と合わせ、この1年で活動の大きな2本柱に別れを告げることになった。だが、老け込むつもりは毛頭ない。「去年、紅白をああいう形で(引退と)言ってから、やたらめったら仕事が多いんだよね。俺がもうやめちゃうと思った人が多くて、今のうちに見ておこうっていう気持ちじゃないか」と笑わせた。

 来年1月の博多座公演後の活動については「旅を回ります。歌うことが私に背負わされた定めだと思いますから」と“生涯現役”を宣言。具体的には「コンサートが増えますね」と、積極的に全国でコンサートを行いたい意思を明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス