文字サイズ

阪神日本S決定試合、関西で34・4%

 阪神タイガースが9年ぶりの日本シリーズ進出を決めた18日のセ・リーグのCSファイナルステージ第4戦、巨人-阪神(東京ドーム)が日本テレビ(読売テレビ系)で中継され、関西地区で平均23・9%の高視聴率を記録したことが20日、ビデオリサーチの調べで分かった。関東地区は13・3%。

 関西での瞬間最高は試合直後の午後9時43分で、34・4%をマークした。マウンド上に阪神の選手が集まり、歓喜に浸った瞬間だった。

 球団史上初めてファイナルステージに進出した阪神がリーグ覇者の巨人に3連勝し、日本S進出に王手をかけて迎えた注目の試合。打撃戦を制し、阪神が8-4で勝利。07年のCS制導入以降では初、05年以来6度目の日本S進出を決めた。

 日テレ系での中継は午後7時から9時44分まで。9時54分まで10分間の延長中継部分では、選手がハイタッチなどで喜ぶ場面やスタジアムのファンの歓喜の様子、和田監督のインタビューなどが放送され、こちらは関西地区で平均28・0%(関東13・3%)を記録した。

 なお、17日の日テレ系中継は、午後7時から8時54分までで、関西地区が平均16・2%(関東10・4%)だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス