文字サイズ

城島茂、メンバー伴走を乱入と勘違い

 日本テレビ系「24時間テレビ37 愛は地球を救う」でチャリティーマラソンに初挑戦したTOKIOの城島茂(43)が31日、放送時間内の午後8時48分にゴールを果たした。走行距離は101キロ。城島に涙はなく「ほんまにタクシー呼ばんでよかったですわ」と関西人らしくジョークを飛ばした。

 ゴールまであと260メートルを残したところで、長瀬智也らTOKIOの4人が黒系の私服姿で合流し、伴走。武道館の入り口の階段を5人で上り、最後は1人でゴールテープを切った。

 メンバーによる感動の場面。しかし、事実は違った。城島は放送終了後に出演した「行列のできる法律相談所」でメンバー4人がサプライズで合流してきた場面について、一般人が4人、乱入してきたと勘違いしていたことを明かした。

 最初はメンバーだとは気づかず、「輩(やから)が4人ぶわーっときた、やめてよ~」と驚いたという。

 また、ラスト5キロで奇跡の猛ダッシュをみせたが、実はスタッフから「(午後8時54分の番組終了までに)間に合わない」と言われ、「諦めたら終わりや」と発奮。「いける!いける!」とスタッフに声をかけ、最後の力を振り絞ったという。

 城島は「40代は捨てたもんじゃないと世の中のお父さんに分かってもらえたらうれしい」と話した。涙はなかった。

 城島は中学校時代の1500メートル走が人生最長走行距離だった。本番に向け、約3カ月で250キロ以上の走り込みを敢行。97年にTOKIO山口達也(42)、98年のV6森田剛(35)が走った100キロを超える、ジャニーズ歴代走者の最長記録101キロに挑んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス