文字サイズ

羽鳥アナ 赤江と不仲説話し合った

 フリーアナウンサーの羽鳥慎一(43)と、やはりフリーアナの赤江珠緖(39)が12日、テレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演、不仲説解消のために2人で話し合ったことを公表した。

 2人はテレビ朝日系の情報番組「モーニングバード!」(月-金曜、前8時)で一緒にMCを務める仲。しかし、なぜか番組開始早々から不仲説が流れ、この日も黒柳徹子の前で2人膝を揃えて座りながら、羽鳥がいきなり「ちゃんと向きあって話したことはそんなにないんです」と、距離感を感じさせた。

 しかし、毎朝「モーニングバード!」を見ているという黒柳に、羽鳥が「どうですか?」と尋ねると、黒柳は「とっても感じがいいなと思ってみています」と好印象を伝えた。

 さらに黒柳は以前、羽鳥から聞いたこととして、赤江のことを「こんなにやりいい人は初めて」と話していたことを明かした。

 赤江は「私は三番くらい」と素っ気なかったが、羽鳥は「一番と三番でもこのままずっとやっていっていいでしょうかね?」と黒柳に相談、「大丈夫」との返事を聞いて「また明日からやれそうです、元気に」と、不仲どころかコンビ続投を喜んだ。

 トークの最後には黒柳の方から「不仲説があるそうですが」とずばり突っ込み、羽鳥は「モーニングバード!」が始まった2011年4月の2、3カ月後から不仲説がネット上に広がり、気にした羽鳥の方から申し込んで赤江と2人で話し合ったことを打ち明けた。

 赤江はその際のことを「『そんなことないですよ』と言ってもすごく気にされてて」。羽鳥が「一応話してみよう」とこだわった結果、お酒を飲みながら5、6時間話し合い、やっとわだかまりが溶けたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス