文字サイズ

AKB握手会 選択制にファン賛否

 AKB48グループのカスタマーセンター長である戸賀崎智信氏が3日、ファンとの交流サイト「Google+」で、5月25日の襲撃事件以来の開催となる7月5日の握手会について、全員参加ではなく、出欠をメンバー自身が決める「選択制」とすることを発表した。Google+上には早速、ファンからの賛否の声が上がっている。

 戸賀崎氏は、先日、全グループの全メンバーらに今後の握手会の変更点を説明した上で、握手会について話し合いを持ったことを明かした。その中で、現時点では「あの事件で心に大きな傷を負ったメンバーの中にはまだ、前を向けないことに悩んでいるメンバーがいる」ことが浮き彫りとなり、参加をメンバーが「自分で選択することにしました」と発表した。

 ファンからは「無理させてやる訳ではないようなのでそれは良かったです。僕らも握手会はメンバーの事も考えてやめといた方が良いと思っていたけど実際こう復活してもらえると嬉しいものです。」「まだ不安を抱えているメンバーもいると思います、決して無理をさせないでください メンバーが無理をしているようならそこは判断して休ませてあげてください」「無理な参加はこちらも本意ではないですし気を配っていただければと思います」という賛成意見や理解の声が寄せられた。

 一方で、「握手会へ参加するかどうかの選択をメンバーにさせるのは、おかしいと思います。万が一握手会中にトラブルがあった場合、貴方たちの責任を回避する術として、メンバーに選択権を与えたとしか思えません。」と疑問を投げかけるファンもいた。

 また、「一番怖いのは模倣犯です。私達みんなで守っていきましょう!」とファンに呼びかける人もいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス