文字サイズ

ASKA拳握りしめ保釈 ファンは絶叫

 覚醒剤取締法違反(所持と使用)などの罪で起訴され、警視庁東京湾岸署に勾留されていた歌手・ASKA(本名・宮崎重明)被告(56)=東京都目黒区=が2日午後4時53分、保釈された。黒いスーツ姿のASKA被告は、報道陣の問いかけに無言で迎えの車に乗り込んだ。5月17日に逮捕されて以来、48日目での保釈となったが、やつれた様子はなく、足取りもしっかりしていた。

 湾岸署に集まった報道陣は200人以上、テレビカメラ約40台。黒いスーツに黒いネクタイ、白いワイシャツ、逮捕時に装用していた黒いセルフレームのメガネをかけたASKA被告は、無数のカメラのフラッシュを浴び、玄関前で一礼。

 弁護人が指し示した、業界用語で「バミリ」と呼ばれる立ち位置を示す黒テープの場所で立ち止まり、5秒ほど頭を下げた。

 やつれた様子はなく、顔色はよく見えた。緊張していたのだろうか、両手のこぶしをぎゅっと握りしめていた。

 湾岸署前にはファンも20人ほど集まり、「ASKA~!」と絶叫。報道陣からは「歌は続けますか」「ファンに一言」と声が飛んだが、一切答えることなく、ややうつむきかげんでゆっくりと歩き、ワンボックスカーに乗り込んだ。都内の病院に入院するとみられている。

 3日間会社を休み、湾岸署前で保釈を待っていたという杉並区の専業主婦(50)は「1日も早く健康を取り戻してほしい。(保釈されたASKA被告は)つらそうでした」と涙を浮かべた。

 ASKA被告の弁護人は6月30日に東京地裁に保釈を請求していた。保釈保証金は700万円。初公判は8月28日に東京地裁で開かれる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス