文字サイズ

AKB総選挙 大雨…45分遅れで開演

 AKB48の37枚目のシングル(8月発売予定)を歌うメンバーを決める「第6回AKB48選抜総選挙」の開票イベント(第2部)が7日、味の素スタジアムで行われる。警備強化のため、開場は当初の予定より1時間早まり、午前11時半に開場。厳重な警備と降りしきる雨の影響か、午後2時半の第1部開演は45分遅れでスタートした。

 この日は第1部がAKB48グループ総出演ライブ、第2部が選抜総選挙開票イベント。5月25日の握手会での襲撃事件を受けて、入場時には警備が強化された。入場口となる計6ゲートには、警備員のべ106人を配置し、手荷物検査を実施。さらに手持ちタイプの金属探知機122台を導入して危険物を排除した。

 関係者や報道陣の入り口にもゲートタイプの金属探知機を設置する異例の厳戒ぶり。報道陣もパソコンやカメラを取り出し、金属探知機でのボディチェックなどを済ませた。結婚指輪でさえ反応する高性能機で、現場は絶え間なくピーピーと警報音が鳴る異様な雰囲気となった。

 会場では調布警察署の警察官50人が警備に当たった。平均的にJリーグの試合時で20人ほど。同署によると、AKBサイドからの要望もあり、当初の予定より増員した。誘導などのアルバイトにも、ミーティングの際に「警備員の意識を持ってほしい」と通達があったという。

 ファンも有志で警備に当たり、ファン組織「ASKC」の田所健さん(20)は「メンバーを守る為、不審者を発見したらお近くの運営及びOJSに連絡しましょう」と書かれた看板を掲げ、呼びかけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス