文字サイズ

AKB大島涼花、同じレーンで事件目撃

 AKB48の握手会で川栄李奈(19)、入山杏奈(18)が25日に襲撃された際、握手会で2人と同じ6レーンにいて、その瞬間を目撃したチームBの大島涼花(15)が28日、事件後初めて交流サイトのGoogle+を更新。今も強く残る恐怖を語った。

 大島はまず「今回はご心配とご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません」とファンに語り掛けた。

 同じレーンには川栄、入山、大島ら5人がいて、順番に入って来るファンに握手していた。そんな午後4時55分、バッグにノコギリをしのばせた梅田容疑者が入ってきた。後でその時のことを梅田容疑者は「誰でもいいから殺そう」と供述している。

 「あの日私が見てしまった光景は一生忘れないものとなってしまいました」

 「今はだいぶ落ち着いていますが ずっと緊張が張り詰めた状態での生活です」

 事件当時の具体的なコメントはなかったが、事件から3日たった28日も、精神的ショックはぬぐい去れないことを明かし、「早く2人に会いたいな。これからもよろしくお願いします」とコメントを結んでいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス