文字サイズ

南沢奈央 ボブスレー選手役で肉体作り

ボブスレーの選手役を演じる南沢奈央=東京・蒲田
2枚

 女優・南沢奈央(23)が6日、東京・蒲田でNHK‐BSプレミアムのドラマ「下町ボブスレー」(来年3月1日スタート、土曜、後9・00)の会見に登場した。

 東京の下町で暮らす町工場の職人たちが、初の国産ボブスレーのそり「下町ボブスレー」を製作し、ソチ五輪への“出場”を目指した実話をモチーフにした物語。南沢は、職人にそりの製作を依頼するボブスレーの選手を演じる。

 すでにバンクーバー五輪に出場したボブスレーの浅津このみ選手(27)のトレーニングを見学するなど役作りに励む南沢は「スポーツ選手らしく見えることを意識して、背筋を伸ばして演じてます。時間があったら走ったりもしてます」と、アスリートらしい表情で語っていた。

 主演は青柳翔。ほかに蟹江敬三、岡本あずさ、鶴見辰吾、柳沢慎吾、品川祐らが出演。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス