文字サイズ

橋下市長、辞職迫る共産市議とバトル

 タレント・水道橋博士(50)が今月15日にテレビ大阪の激論番組「たかじんNOマネー」(土曜、午後1・00)の生放送中に、橋下徹大阪市長(43)の「小金稼ぎのコメンテーター」発言にブチ切れ、レギュラー降板宣言&退席した件で、同局は28日、水道橋博士の番組降板が正式決定したことを発表した。

 一方、当の橋下市長は、水道橋降板発表があったこの日午後は、大阪市議会の財政総務委員会で“別の宿敵”と従軍慰安婦発言を巡り大論戦を展開した。

 共産・山中智子市議の追及を受けた橋下市長は「ある僕の出演した番組では…」と、「たかじんNOマネー」が行った視聴者電話アンケートで約8割が橋下氏発言を支持したことを挙げ「(有権者に)しっかり説明すれば(真意は)分かってもらえる」と主張した。

 山中市議は国内外の議会、団体などの橋下氏を批判する決議や声明を次々に列挙し「辞職されては」と迫った。橋下市長は「しません。僕が公職にあるから、海外も“なんだあいつは!”と批判の声をあげてくるんだ」と問題提起するうえで公職にあることが不可欠であることを主張した。

 論戦は予定の30分をオーバー。最後は山中市議が「市長の回答が長いから時間を過ぎた」と批判すると、橋下市長は「僕が長いんじゃない!!そちら(の質問時間)でしょ」と応戦。激論番組顔負けのバトルとなっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス