文字サイズ

テレ東大橋アナ 軽度の脳梗塞で療養に

 テレビ東京は18日、同局の大橋未歩アナウンサー(34)が、軽度の脳梗塞と診断されたことを発表した。しばらく病気療養に入る。同局によると、大橋アナは今月上旬に自宅で発症し、自分で病院を訪れ、入院した。すでに退院しており、自宅で療養中。同局を通じ「まさか自分がと驚きました」と突然の病に驚いた胸中を明かした。

 脳梗塞は高齢者に多い病気として知られているが、若い人にも発症する。45歳ぐらいまでに発症したケースは若年性脳梗塞としてとらえられている。2002年7月にはMr・Childrenの桜井和寿が、小脳梗塞と診断され、1年以上休養した。

 大橋アナは18日、テレビ東京を通じて、ファクスで「少しの間お休みをいただくことになり、多くの皆様にご迷惑をおかけしますことを、この場を借りてお詫び申し上げます」とコメントを発表。これまでの健康診断では、血圧やコレステロール値で注意を受けたこともなかったそうで、「まさか自分がと驚きました」と胸中を明かした。

 続けて「幸いにも、発症した場所がよく、後遺症がなかったことに心から感謝し、しばらくは自分の体と真摯(しんし)に向き合い、元気な姿で大好きな現場に戻りたいと思います。また皆様にお会いできますことを楽しみにしています」と復帰への意欲を記した。

 今後の仕事復帰については、治療経過をみながら、担当医と本人と相談して決めるという。現在レギュラー出演する「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(金曜、後9・00)は当面、局アナが代役を務める。

 大橋アナは、02年に入社。以来、テレビ東京の看板アナとして人気・実力ともに高く評価されている。07年にはヤクルト・城石憲之内野手(現・1軍内野守備走塁コーチ)と結婚した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス