文字サイズ

美元の「月109万円」詳細金額内訳

 離婚裁判では、6月1日の本人尋問で、高嶋政伸が美元から「私は(月に)109万円必要な女」と言われたことを証言。「月の生活費100万円と小遣い9万円。合計109万円を請求された」と証言した。

 別居中だった10年5月、弁護士の支持で家賃や光熱費を除く生活費を「30万円」から「50万円」に上げた際、被告からそれでも「足りない」と109万円を請求されたと主張。美元の常識からはかけ離れた金銭感覚を強調した。その“月109万円必要な女”の内訳とは…。

 美元側が「私も美しさを生業(なりわい)としてきたので、結婚前からこの位の出費はしてきました」と提示した「美容代」が12万円。内訳は、美容院2万円、ネイル2万円、歯のホワイトニング1万円、化粧品2万円、エステ2万円、ジム(月会費)2万円、美容注射2万円、というもの。

 さらに衣装代が10万円。お祝いや差し入れなどの“接待費”や外食費で7万円。観劇など「趣味・教養」費が10万円…などと説明。一般人の感覚とはかけ離れたセレブ生活を維持させるための109万円であることが分かる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      これも読みたい

      あとで読みたい

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      あわせて読みたい

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス