文字サイズ

琴鎌谷が父の化粧まわしで出世披露

父親で師匠の佐渡ヶ嶽親方(右)と写真に納まる琴鎌谷(撮影・保田叔久)
琴ノ若のまわしを着けて出世披露の土俵に上がる琴鎌谷=福岡国際センター(撮影・保田叔久)
出世披露で土俵上に並んだ(右から)琴鎌谷、横江、中島、野田頭=福岡国際センター(撮影・保田叔久)
3枚3枚

 「大相撲九州場所8日目」(15日、福岡国際センター)

 今場所で初土俵を踏んだ新弟子の新序出世披露が行われ、佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)の長男・琴鎌谷(ことかまたに、本名・鎌谷将且)が、父でもある師匠の現役時代の化粧まわしを付けて披露された。

 この化粧まわしは10年前の2005年九州場所で琴ノ若が引退した時に使用していたもの。贈呈先の後援者が、ぜひ出世披露で使ってほしいという要望があり、わざわざ福岡まで持ってきてくれたという。

 無事に出世披露を終えた琴鎌谷は、「相撲を取る時よりは緊張しませんでした。この化粧まわしを師匠が付けていたのは覚えています。1日でも早く(関取に)上がって恩返しをしたい」と決意を語った。師匠の佐渡ケ嶽親方は「次の自分の化粧まわしをいただけるように頑張ってほしい。これからもっと鍛えます」と期待をかけていた。琴鎌谷は来年の初場所(1月10日初日、東京・両国国技館)で序ノ口の番付に載る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス