文字サイズ

日本ハム・大谷が初球を先頭打者本塁打

 「ソフトバンク-日本ハム」(3日、ヤフオクドーム)

 日本ハム・大谷翔平投手(21)が「1番・投手」で先発し、先頭打者本塁打を放った。

 ソフトバンク先発の中田の初球124キロの変化球をフルスイング。打った瞬間、それと分かる打球は、右中間スタンドへと吸い込まれた。

 先発で7勝を挙げている大谷は、これで2ケタとなる10号本塁打をマークした。

 6週連続のリアル二刀流での出場となる大谷は、これまで主に中軸を打っていたが、投手を兼ねながらの1番打者は初。オーダー発表時は、スタンドの観客からどよめきが起こった。

 プロ入り後、1番でのスタメン出場は2013年5月6日の西武戦以来。この時は「1番・右翼」での出場で、投手としてトップバッターを務めるのは、入団4年目で初めて。

 過去には、投手と外野手でプレーした外山義明が、ヤクルト時代の1971年8月22日の大洋戦に「1番・投手」で出場したケースがある。

 9連勝と波に乗っている日本ハムだが、2007年以来の10連勝に向けて、大谷がトップバッターとして打線の口火を切った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス