文字サイズ

中日・ドラ4福、緊急登板でプロ初勝利

 「巨人1-8中日」(7日、東京ドーム)

 中日の2番手、ドラフト4位ルーキー・福敬登(ふく・ひろと)がプロ初勝利を果たした。先発のネイラーに負傷があり4球で降板。緊急登板となったが4回2/3を1失点で抑え、チームの窮地を救った。

 ブルペンの段階から違和感があったというネイラーは巨人の先頭打者、長野を三振に打ち取った段階で降板。すぐに福がマウンドへ向かった。

 初回は坂本に三塁打を打たれたものの4番・ギャレットを空振り三振に打ち取り切り抜けた。二回にビシエドが1イニングに2本塁打を放つなど打線が爆発。自身もプロ初安打となる一塁への内野安打を記録するなど貢献し、8点の援護を受けた。

 失点は四回、先頭の坂本に浴びたソロ本塁打のみ。五回までマウンドを守り、ゲームをつくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス