文字サイズ

難病克服のオリ安達 1軍登録即先発へ

 「オリックス-日本ハム」(12日、京セラドーム大阪)

 厚生労働省指定の難病「潰瘍性大腸炎」で離脱していたオリックス・安達了一内野手が12日、出場選手登録され、日本ハム戦(京セラドーム)に「7番・遊撃」で先発メンバーに名を連ねた。

 安達は1月下旬に潰瘍性大腸炎で緊急入院。治療のためキャンプにも参加できなかった。2日のウエスタン・ソフトバンク戦で実戦復帰。8、9日の同・広島戦で1軍復帰へのメドとされていたフル出場を果たした。

 試合前の練習後には「まだ心配はあるけど、気にすると痛くなるかもしれないので、気にせずにやりたい。やってやろうという気持ちがある」と話した。チームは開幕から12試合を終えて3勝9敗で最下位。低迷を打破へ向けた起爆剤となることを約束した。

 また、吉田一将投手も出場選手登録され、佐藤峻一投手、ドラフト3位・大城滉二内野手(立大)が出場選手登録を抹消された。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス