文字サイズ

巨人・平良ライトゴロ “初安打”幻に

3回巨人無死、阪神・福留孝介の好守でライトゴロに倒れる巨人・平良拳太郎=東京ドーム(撮影・飯室逸平)
4回途中で交代を告げられ汗をぬぐう巨人・平良拳太郎=東京ドーム(撮影・園田高夫)
プロ初登板で力投する巨人・平良拳太郎=東京ドーム(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「巨人-阪神」(7日、東京ドーム)

 巨人・平良拳太郎投手が、プロ初登板初先発した阪神戦で、珍しいライトゴロを記録した。

 三回、無死で迎えたプロ初打席。カウント1-2から、メッセンジャーが投じた146キロを捉えて右前に運んだが、前進守備の福留が捕球してから素早く一塁に送球。プロ初打席での“初安打”は幻となった。一塁ベンチでは大田や吉川ら選手だけでなく、高橋監督も笑いをこらえることができなかった。

 本業のマウンドでは、三回まで1安打無失点の好投。ところが、四回、1死一塁から福留に先制2ランを許すると、投手のメッセンジャーにも2点適時打を献上し、四回もたずKOされた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス