文字サイズ

大阪桐蔭・高山150キロ速球を披露

九回から救援登板し、最速150キロを計測した大阪桐蔭・高山
九回から救援登板し、最速150キロを計測した大阪桐蔭・高山
2枚2枚

 「明治神宮野球大会・高校の部準決勝 高松商7-6大阪桐蔭」(16日・神宮)

 大阪桐蔭の高山優希投手が1点ビハインドの九回から登板し、これまでの自己最速145キロを大きく更新する150キロを計測して1回を3者凡退、2奪三振をマークした。

 球場が大きくどよめいた。大熊を三振に仕留めた最後の1球。スコアボードの球速表示には150キロが点灯した。その表示を見ながらベンチへと戻った高山は「そんなに出ているかなという感じでしたけど…。いつもと違う感じはありました」と試合後も信じられない表情を浮かべる。

 ラスト1球だけでなく、オール直球で勝負した1イニングは147~148キロを連発。投球フォームも今までのように、きれいでスムーズではなく、荒々しく、そして力強く腕を振っていた。

 西谷監督は「スピードは別として、グッとスイッチが入ったらああいう投球ができる。1球投げられるということは10球投げられる。あのボールを全部投げられるようになってほしい」と期待を込める。本人も「これを(先発では)一回から続けていかないと。きょうのピッチングに近づけられるようにやっていきたいと思います」と誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス