文字サイズ

専大5連勝、森山が先制2ラン含む3安打

 「東都大学野球、専大8-4日大」(22日、神宮球場)

 春秋連覇を狙う専大が先勝し、5連勝を飾った。

 初回に3番・森山恵佑外野手(3年・星稜)の右越え2ランで先制。一度は逆転を許したが、1点を追う七回に連続押し出し死球と犠飛などで大量5点を挙げて再逆転した。投げては四回から救援した高橋礼投手(2年・専大松戸)が6回4安打2失点にまとめ、今季2勝目を挙げた。

 森山は三回に中堅への二塁打、五回にも中前打を放ち、三塁打が出ればサイクル安打の大当たり。「気付いてはいたけど、意識はしていなかった。(本塁打の)手応えはよかったです」と、白い歯がこぼれた。

 星稜高時代は、最速144キロ左腕としても注目されていたスラッガー。釜田(現楽天)から一発を放ったこともあり、打撃練習ではOBの松井秀喜氏にちなんで名付けられた右翼後方の“松井ネット”を越える飛距離を誇っていた。

 大学2年春から「打者としてどこまで上に行けるのか、その可能性にかけてみたい」と野手に専念。リーグ戦初本塁打を放った亜大戦に続く今季2号で、才能を開花させつつある188センチ、90キロの大砲は「この体なので単打を打っても魅力がない。長打を打ちたいですね」と、さらなる爆発を誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス