文字サイズ

欠場のオコエ 決勝戦出場に意欲満々

試合前、フリー打撃するオコエ瑠偉=甲子園(撮影・飯室逸平)
キューバ戦でスタメンから外れたオコエ瑠偉=甲子園(撮影・山口 登)
2枚2枚

 「U-18W杯・スーパーラウンド、日本9-0キューバ」(5日、甲子園)

 4日・韓国戦(甲子園)の六回の守備でダイビングキャッチを試み、右太ももに4針縫う切り傷を負ったオコエ瑠偉外野手(関東第一3年)が欠場した。試合前の打撃練習などは参加した。

 ベンチでナインをバックアップしたオコエは、6日の米国との最終決戦へ向け「自分はいく気です」と宣言。「今日は走っていないけど、バッティングは大丈夫」と元気いっぱいにアピールした。

 泣いても笑ってもあと1試合。「世界一」を合言葉にしてきただけに、決勝進出にも大きな感慨はない。「もともと、そのつもりでやってきた。世界一には、ならないといけないんです」。めいっぱい喜ぶのは頂点に立ってからだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス