文字サイズ

広島エルドレッドが劇的サヨナラ3ラン

延長11回、サヨナラ3ランを放った広島 B.エルドレッドと満面の笑みで抱き合う広島・野村謙二郎監督(中央)=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
3枚

 「広島3‐0巨人」(27日、マツダ)

 広島がサヨナラ勝ちで延長戦を制した。0‐0の十一回、無死一、三塁からエルドレッドが左越えに決勝の8号3ランを放った。

 エルドレッドはホームイン後、ナインから水をかけられそうになり、逃げ回ったが捕まえられてびしょ濡れになった。お立ち台に上ると、「とても素晴らしい気分です。あの回は必ず打順が回ってくると思っていたが、前の2人がしっかりつないでくれた。この試合はなかなか点が取れなかったが、ここで決めようと打席に入った。2球甘い球が来て、ファウルにしてしまったが、追い込まれてとにかくストライクを狙いにいった。(今季はホームラン量産だが)非常に気持ちがいいが、自分のバットで貢献でき、今日にように最後の最後に決められてよかった」と喜びを表した。

 先発した前田は9回を7安打無失点。3番手の一岡が古巣からプロ初勝利を挙げた。

 巨人は内海、西村、マシソンの継投で無失点に封じていたが、4番手の山口が踏ん張れなかった。打線も7安打8残塁で援護できなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス