文字サイズ

横浜商大高・続木 14回サヨナラ負け

 「春季高校野球神奈川大会・3回戦、相洋3‐2横浜商大高」(19日、平塚)

 横浜商大高のプロ注目右腕・続木悠登投手(3年)が、延長十四回、205球の熱投も及ばず力尽きた。

 130キロ台後半の力のある直球を軸に、八回までに9奪三振。延長突入後も走者を出しながらしのいでいたが、最後は十四回1死満塁から相洋の7番・久保にサヨナラ打を浴びた。

 「野球はそんなに甘くないなと感じた。制球力と空振りを取れる変化球をプラスしないと」と、夏への課題を見据えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス