大谷翔平 給与口座3年間ログイン記録なしの“謎” SNS話題も同僚は驚かず「僕も知らない。たくさん口座はあるけど分かってない」

 ドジャースのタイラー・グラスノー投手が、16日までに米ポッドキャスト番組「クリス・ローズ・ローテーション」に出演。大谷翔平投手の元通訳、水原一平容疑者の違法賭博問題に言及した。

 大谷翔平投手が給与の銀行口座を確認していないことがSNSで話題となっていることに、司会者から「ほとんどのアスリートが確認しないよね?」と質問。グラスノーは「そうですね、間違いないです。銀行口座にログインする方法とか、全体のことは僕も知らない。たくさんの口座はあるけど、何も分かってない」と説明。大谷の場合も代理人や会計士が管理していたが、「僕も信頼している人に任せている」とした。

 昨オフ、大谷は10年総額1015億円で、グラスノーも5年総額191億円の大型契約でそれぞれドジャース入りしている。

 水原容疑者が不正送金した大谷の銀行口座は大谷がエンゼルスに移籍した際、同行した水原容疑者とともに開設。エンゼルスからの給与が振り込まれる口座だったが、大谷自身が3年間ログインしなかったことなどが報じられると、SNSでは驚きの声が続々。「お金に興味がないんだろうな」、「アスリートは一人で管理してるほうが珍しいのでは?特に一流選手は」などの声が上がっていた。

 グラスノーは大谷について、「彼はストイックで、いつもニコニコしていて感情の起伏を見せない。(騒動が起きても)冷静だった」と語り、「彼が精神的に疲弊してないようで良かった。そして、結果を残してきている。今年はこの話題を聞かれ続けると思うが、彼は大丈夫だと信じている」と笑みを浮かべた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

大リーグ最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス