文字サイズ

大谷、次回登板は18日アスレチックス戦 負けなし本拠地で103年ぶり偉業に挑む

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)の次回登板が17日(日本時間18日)に本拠地で行われるアスレチックス戦に決まった。マドン監督が14日の試合前の会見で「すべて順調にいけば、金曜日(17日)になる」と話した。

 大谷はここまで投手で21試合に登板し、9勝2敗、防御率3・36。前回10日のアストロズ戦は18度目の投打同時出場で初回に44号先制ソロを放ち、自分自身を援護したが、3回1/3を投げて自己ワーストの被安打9、同ワースト2番目の6失点で5月28日のアスレチックス戦以来、105日ぶりに黒星を喫した。

 現在44本塁打の大谷は、ベーブ・ルースがレッドソックス時代の1918年に達成した「2桁勝利&2桁本塁打」まであと1勝に迫っている。大谷の今季の本拠地の戦績は11登板、6勝0敗、防御率1・99と抜群の安定感を誇っている。地元ファンの声援を受けて103年ぶりの偉業に挑む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス