文字サイズ

大谷翔平 二刀流新記録30号 102年前のベーブ・ルースの記録を更新

 オリオールズ戦の4回、2打席連続塁打となる30号2ランを放つエンゼルス・大谷。日本選手2人目のシーズン30本塁打に到達した=アナハイム(共同)
 オリオールズ戦の3回、29号本塁打を放ち、ベンチで迎えられるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
 オリオールズ戦の3回、29号本塁打を放ったエンゼルス・大谷と喜ぶファン=アナハイム(共同)
3枚

 「エンゼルス-オリオールズ」(2日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・指名打者」で出場し、三回の打席で2戦ぶりメジャートップを独走する29号先制ソロ、さらに四回の第3打席で04年に31本塁打を記録した松井秀喜以来、日本選手2人目の大台突破となる30号逆転2ランを放った。

 6月23日以来、9日ぶりに戻った本拠地を熱狂させた。4点ビハインドの三回の打席。初回に初球、内角高めのボール球を打って二飛に打ち取られた左腕エイキンに対し、大谷がまた初球からいった。内角高めの148キロ直球を打ち抜くと打球は地元ファンの興奮が渦巻く右中間席に着弾した。

 30号は四回、5-6と1点差としてなお1死一塁の場面で生まれた。オリオールズの2番手テイトから逆転2ラン。カウント2-1からの4球目。外角に沈む変化球を強く叩くと、打球は高い弧を描いて左翼席に達した。打球速度180キロ、飛距離122メートルだった。

 大リーグ公式記録によると、年間10試合以上登板した選手の最多本塁打は1919年のベーブ・ルースの29本塁打。26歳の青年が2打席連続本塁打で101年間破られることのなかった二刀流新記録を樹立した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス