文字サイズ

筒香また高校野球へ提言 球数制限ゴールじゃない「プロは先発で1週間100球前後」

 DeNAからポスティングシステムで米大リーグ・レイズに移籍が決まった筒香嘉智外野手(28)が12日、大阪府河内長野市内で、スーパーバイザーを務める「堺ビッグボーイズ」の小中学生ら約190人との交流会に参加した。約3時間子供たちと触れ合い、野球界発展のため、高校野球や少年野球のさらなる改革を望んだ。

 「子供たちの成長過程の中で真剣にルールを考えないといけないですし、球数制限ができたことが良かったとよく報道されていますが、それは違うんじゃないかなと思います」

 高校野球では今春のセンバツから1投手の「1週間500球以内」の球数制限が導入されるが「球数制限することがゴールではない」と言う。「(プロは)先発で1週間に投げるのはだいたい100球前後、多くても130球。中継ぎは1週間でも100球にいけば結構投げている感じで」。球数制限ができたことは第一歩であっても、さらなる改善が必要と感じている。

 「(球数制限は)ルールを作ったから前進という風によく言われますが、ただ作ったらいいのではない」と筒香。戦いの舞台をアメリカに変えても「日本野球界がもっともっとよくなるようにと思って、やらさせてもらってます」と、今後も日本の野球界発展に向けて声を上げていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス