文字サイズ

レイズ、バーランダー攻略&執念の継投で逆王手 背水の陣から連勝で最終戦決着へ

トミー・ファム
2枚

 「ア・リーグ地区シリーズ第4戦、レイズ4-1アストロズ」(8日、セントピーターズバーグ)

 レイズがアストロズのエース、バーランダーを攻略してシリーズを2勝2敗とした。2連敗後の連勝でワールドシリーズに進出した08年以来、11年ぶりの地区シリーズ突破へ最終戦に望みをつないだ。

 背水の陣で臨んだ第4戦。レイズ打線が第1戦で7回ゼロ封されたバーランダーの出鼻をくじいた。中3日の登板となった36歳右腕に対し、初回1死から2番ファムがカウント2-2と追い込まれながらチェンジアップを左中間席へ運ぶ先制ソロ。なおも四球と単打で得点圏に走者を進め、ダーノー、ウェンデルの連続適時打で2点を追加した。

 四回には9番アダメズがバーランダーから中越えソロ。走者を出しながらも粘りの投球で二、三回をゼロに抑えていた右腕から貴重な追加点を挙げ、攻略に成功した。

 バーランダーは4回途中7安打4失点で敗戦投手に。ポストシーズン通算15勝目はならなかった。

 地元ファンの大歓声を受けて投手陣も奮投した。キャッシュ監督が今シリーズ初めてオープナーを採用。5日の第2戦で1回2/3を無失点に抑えた中継ぎ右腕カスティーヨが1回2/3を1安打無失点、1四球3奪三振と好投すると、ヤーブローが2回を、さらにアンダーソンが2回1/3を無失点。4-1の九回1死一、三塁の窮地には第2戦で先発した左腕スネルを中2日で投入する執念の継投で逃げ切った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス