文字サイズ

大谷、「3番・DH」で出場 57勝右腕ギブソンから2戦連発なるか

エンゼルス・大谷翔平
1枚拡大

 「ツインズ-エンゼルス」(14日、ミネアポリス)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)がツインズ戦(日本時間15日午前8時40分開始)に「3番・指名打者」で出場することが発表された。前日13日は復帰後6戦26打席目で初本塁打となる1号2ランを放っており、今季初の2戦連発に期待がかかる。

 大谷はここまで6試合に出場し、打率・250(24打数6安打、5四死球)。前日は三回にセンター左へ131メートルの豪快弾を、九回には左腕の外角低めスライダーを技ありの右前打を放ち、2戦連続3度目のマルチ安打を記録した。

 ツインズの先発はメジャー通算57勝の右腕ギブソン。今季は7試合に登板し、3勝1敗、防御率4・19。米データサイトによると、配球の52%が平均150キロの速球で、22%が130キロ半ばのスライダー、14%が130キロ台後半のチェンジアップで13%が120キロ台後半のカーブだ。

 昨季の大谷はマルチ試合本塁打が3度あり、昨年9月4、5、7日に3試合連続本塁打を記録している。初対決のギブソンから復帰後連発なるか、注目される。

 エンゼルスのラインアップは以下のとおり。オースマス監督は9日のオリオールズ戦に続き、中継ぎ投手を先発させるオープナーを採用する。

1番・三塁 ラステラ   打率・272、10本塁打、24打点

2番・中堅 トラウト   打率・296、9本塁打、25打点

3番・DH 大谷     打率・250、1本塁打、5打点

4番・遊撃 シモンズ   打率・311、3本塁打、21打点

5番・一塁 プホルス   打率・231、8本塁打、22打点

6番・右翼 グッドウィン 打率・294、4本塁打、13打点

7番・捕手 ルクロイ   打率・259、5本塁打、16打点

8番・二塁 レンヒフォ  打率・185、1本塁打、1打点

9番・左翼 フレッチャー 打率・287、3本塁打、14打点

投手 ベドロジャン 1勝1敗、防御率2・79

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス