文字サイズ

ダル159キロ移籍後連勝 次回は本拠地デビュー「家族がLAを好きなので」

 5回、3者連続で三振に仕留め、ガッツポーズするドジャースのダルビッシュ(共同)
1枚拡大

 「ダイヤモンドバックス6-8ドジャース」(10日、フェニックス)

 同地区の強力打線を五回まで圧倒した。ドジャースのダルビッシュ有投手(30)は先発で5回を5安打2失点。大量援護にも恵まれ、レンジャーズから移籍後2戦2勝とし「こういう試合展開だったら、もちろん投手としては楽です」と振り返った。

 一回には自己最速に並ぶ99マイル(約159キロ)を出し「めちゃくちゃ調子いいと思い過ぎて腕を振っていって、ちょっとバランスが崩れた」と言う。2試合連続の2桁奪三振。5年連続で球宴に選出されている4番・ゴールドシュミットからは3三振を奪った。

 次回登板は31歳の誕生日、16日(日本時間17日)のホワイトソックス戦に決まった。本拠地デビューでもあり「家族がLA(ロサンゼルス)を好きなので、それが一番」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス