文字サイズ

西日本限定はホットケーキ乗せ、ファミマのスフレプリンが話題

コンビニ「ファミリーマート」(東京都港区)の人気NO.1スイーツ「スフレプリン」。エリア限定フレーバーが9月14日に発売され、SNSでさっそく話題に。記者も実際に買って食べてみた。

今回は、「スフレプリン」の地域限定フレーバーが、全国6つの地区それぞれに登場。東日本は「レモンチーズ」、中日本は「りんご」、沖縄は「紫芋」といった地域の特色を生かしたフレーバーが販売されており、西日本は「ホットケーキ」が登場した。

カップを開けてみるとドシッとホットケーキが乗っており、拳よりもはるかに大きなサイズの同商品を前に、「これは小さなスプーンでは無理だろう」と思いビッグサイズのスプーンで食べることに。下には濃厚なカスタードのプリンにカラメル、上にはバターをトップに乗せたしゅわっと食感の絶品ホットケーキの二層構造。大きくすくって食べてみると、バターの塩加減とともに甘い2つのスイーツが溶け合うように口のなかで消えていき、あっという間にペロリとたいらげてしまった。

発売されるやいなやSNSでは実食レポが飛び交い、ホットケーキフレーバーについては「ホットケーキとプリンが同時に食べれて贅沢な気分」「ほんまにシュワっとしてて、まじで美味しいんだが」「5億年ぶりに西日本に住んでいたことに感謝した」「これまで食べたコンビニスイーツで一番好きかも」「激アツなコラボでした」などと、歓喜の声が寄せられた。

価格は298円で、ホットケーキフレーバーは西日本の「ファミリーマート」店舗にて。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス