文字サイズ

ずん・飯尾が不遇の時代を語る「床ずれできるほど寝てた」

エッセイスト・阿川佐和子がMCをつとめるトーク番組『サワコの朝』(MBS)。10月17日の放送に、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹がゲストとして登場する。

今年で芸歴29年を迎え、アラフィフにして大ブレイクを果たした飯尾。バラエティ番組はもちろん、今やドラマやテレビCMなど幅広いジャンルで活躍する飯尾だが、1991年のデビュー時にはまったくブレイクせず。「仕事がなくて床ずれができるほど寝ていた」と、不遇の時代を語る。

さらに、トークは生い立ちの話題に。公務員の両親のもと3兄弟の長男として誕生し、ちやほやされていた幼少期の飯尾を襲ったある衝撃的なできごとや、プロ野球選手を目指した少年時代、ユニークな母とのおもしろエピソードを披露する。

プライベートでは、43歳のときに11年間交際した彼女にある番組をきっかけにプロポーズし、見事「OK」を獲得。現在は幸せな日々を送っているという飯尾だが、「警察犬の訓練ってよく言われる」と独特の結婚生活を告白し、阿川が爆笑する場面も。この模様は10月17日・朝7時30分から放送される。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス