文字サイズ

細さ1ミリ、京都に贅沢過ぎるモンブラン専門店

 和栗の芳醇な香りが楽しめる錦糸モンブラン「紗」。ふんわりと口のなかでクリームがほどける感覚。なかにはメレンゲとスポンジなど
1枚拡大

日本の和栗モンブラン専門店『丹波くり・和栗専門 紗織(さをり)』(京都市下京区)が、10月10日にオープン。注目は、オーダーごとに細さ1ミリのマロンクリームを絞った「錦糸モンブラン」だ。

空気をはらむように細い糸が美しく重ね合ったような、高さ13cmの錦糸モンブラン「紗」(2200円)。この細さのためにオリジナルの搾り器を開発したそうで、「栗本来の旨味や香りを味わってもらうために、エアリーな食感にこだわりました」と代表の志賀栄太郎さんは説明する。

使用するのは、国産栗のわずか1%と言われる希少な丹波くり。契約農家から仕入れ、年間を通して栗スイーツを提供し、マスカットや黄桃といった季節の高級フルーツと和栗を使った「果物パフェ」(2300円)や果物タルト(2000円)なども登場。また栗と相性が良いシャンパーニュ(1000円)や白ワイン(700円)とのペアリングも提案する。

元旅館をリノベーションし、伝統とモダンを融合した空間で、鴨川を望める京都の人気スイーツ処となりそうだ。阪急京都河原町駅から木屋町通り沿いに南へ徒歩5分。営業時間は10時から18時まで。

取材・写真/杉田裕路子


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス