文字サイズ

DJ引退するヒロ寺平の後任、野村雅夫が「FM COCOLO」の朝の顔に

ヒロ寺平からバトンを受け、FM COCOLOの朝の顔となる野村雅夫
1枚拡大

関西のラジオ界を代表するDJ・ヒロ寺平が今年6月、自身の担当番組『HIRO T’S AMUSIC MORNING』(FM COCOLO)にて9月末でのDJ引退を発表。その後任を、FM802で活躍中の野村雅夫が担当する。

1985年にデビューし、「ヒロT」の愛称で親しまれてきたヒロ寺平。突然の引退発表だったことから「後任は誰になるのか」など話題となっていたが、野村が10年間在籍したFM802を卒業し、姉妹ラジオ局のFM COCOLOのDJとしてヒロ寺平のあとを引き継ぐこととなった。

日本人とイタリア人とのハーフである野村。これまでヒロ寺平が担当してきた枠(毎週月~木曜・朝6時~10時53分)ではじまる新番組『CIAO 765(チャオ・ナナロクゴ)』では、国際感覚と関西で生まれ育った彼ならではのローカル色を融合しながら、スムーズで心地よい音楽と価値ある情報を届けていくという。

10日、自身の番組『Ciao Amici!(チャオ・アミーチ)』内で、FM802卒業とFM COCOLOへの異動、そしてヒロ寺平の後任を明かした野村。「たくさんメッセージをいただいていましたが、これまでお答えできずに申し訳ありません。10月1日にCOCOLOに異動して、ヒロ寺平さんの枠をそっくりお引き受けします。秋からもチャオなんです(笑)。『まちゃお嫌いじゃなかったな~』って人は、ぜひ朝に」とコメントした。初回は10月1日。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス