文字サイズ

ミュージカル主演の薮宏太「言葉に出すことによって再認識」

Hey! Say! JUMPの薮宏太が主演をつとめる、カンテレ開局60周年記念ミュージカル『ハル』。その稽古場などに密着し、完成までの記録を綴ったスペシャル番組『薮宏太 平成最後の春』が4月13日、同局で放送される。

同ミュージカルは、幼い頃に患った大病を乗り越えて元気な体を手に入れたものの、生きる希望や意味を見出せなかった高校生・石坂ハルが、ある少女と出会ったことでボクシングにめり込んでいき、成長していく物語。薮にとっては10年ぶりの単独主演となる。

ストーリーのカギを握るボクシングのリング上でおこなわれた番組では、薮が主人公・ハルを作り上げていく情熱や、東京・大阪あわせて25公演に臨む熱い思いに迫る。また、役作りのためにジムに通い指導を受けた薮が、リングの上でその成果を見せる場面も。

収録を終え、「普段、自分の作品に対しての気持ちっていうのを、稽古やお芝居をしているなかでなかなか話す機会ってないので。作品の印象とか、自分の役に対してとか、想いを言葉に出すことによって再認識することができました」と笑顔を見せた薮。

番組MCをつとめるゴールデンボンバー・歌広場淳は、「今のご時世は原作があるとか、有名な作品の舞台化じゃないとGOサインが出にくいと思うんです。そんななか、カンテレさんが総力を結して、ミュージカルに取り組んでくださったということで、ミュージカル好きとしてはそれだけで親指が立ちます。『ナイス!!』って感じです」とコメント。

同番組は4月13日・朝10時25分から放送(関西ローカル)。また、本舞台の大阪公演は4月22日~28日に「梅田芸術劇場メインホール」で上演される。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    関西最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス