文字サイズ

「奈良県国際芸術家村(仮称)」構想の先駆け、奈良・天理の展覧会

「ArtーSpaceTARN」外観。元カバン屋をリノベーション。内部はシンプルなホワイトキューブ
1枚拡大

奈良県天理市に「Art-Space TARN(アートスペース・ターン)」(天理市川原城町)が誕生。『ペ・ビョンウク/横山大介グループ展「SITES」』が、12月23日までおこなわれている。

こちらのスペースは、天理市が始めたアーティスト・イン・レジデンス・プログラム「TENRI ARTIST-IN-RESIDENCE in NARA」の活動拠点として設置されたもの。天理市内では奈良県による「奈良県国際芸術家村(仮称)」の計画が進められており(2021年完成予定)、「ArtーSpaceTARN」とともに芸術文化エリアの形成を目指しているという。

場所は市内中心部のアーケード商店街「天理本通」のなかほどにある。もとはカバン屋で、そこをリノベーションした建物は、床面積が約18坪と、市民と膝を詰めて交流ができる手頃さが魅力。リノベーションを担当したのは、大阪を拠点に、家具やプロダクト、グラフィックなどを手がける大阪のクリエイティブ集団「graf」で、本展覧会の企画や展示構成も彼らがおこなう。

ペ・ビョンウクが天理で制作した作品は、市内で拾い集めた廃棄物を素材とするオブジェと、市民に取材して拾い集めた言葉によるインスタレーション。横山大介は市内各地で撮影した天理の人々のポートレートを制作。両者に共通するのは、リサーチやコミュニケーションを通じて地域の歴史、文化、自然を考察する姿勢だ。これ以降も今後、市内で活発なアート活動の機運が高まるのは間違いないだろう。

取材・文・写真/小吹隆文(美術ライター)


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス