文字サイズ

松本潤「有村架純はマッチョになった」

1枚拡大

嵐の松本潤&有村架純を迎え、行定勲監督が大人のラブストーリーを描いた映画『ナラタージュ』。その舞台挨拶が5日、大阪市内の劇場でおこなわれ、松本と有村が登壇した。

今回は許されない恋に落ちる、教師と元生徒役だが、かつてテレビドラマの『失恋ショコラティエ』(2014年)で兄妹を演じたこともある2人。松本は「オトナっぽくなったなと思いました。前回共演したときの関係性が兄妹だったからかもしれませんが、今回までにいろんな作品を経験されて、芯が強くなったというか、マッチョになったなと思いました(笑)」とコメント。

一方、有村は「本当に作るということに対するストイックさを変わらず持っているなと思いました。でも、私もあれから3年ほど経ったので、当時はちょっと遠慮と緊張でしゃべれなかったりもしたけど、今はそんなに気を遣わなくなってきて、一歩進んだ気がします」と回答。それを聞いた松本は「うれしいよ!」と笑顔を見せた。映画は10月7日に公開される。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス