文字サイズ

ヅカ月組最新公演、千秋楽をライブ中継

1枚拡大

「宝塚大劇場」で14日まで上演された、宝塚歌劇・月組による最新公演『All for One』。9月から上演される東京公演の千秋楽(10月8日)の模様が、全国の映画館でライブ・ビューイングされる。

本作は、フランスの古典文学『三銃士』をモチーフに、脚本・演出を手掛ける小池修一郎が新たな発想で描く浪漫活劇。ルイ14世の為に立ち上がるダルタニアンの愛と勇気の冒険を、共に戦う三銃士との友情を交えて描き出す。関西では、「TOHOシネマズ梅田」をはじめ大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山の11の映画館で中継。チケットは4600円、チケットぴあほかで9月23日より発売される。

5月におこなわれた制作発表会では、主役のダルタニアンを演じる月組トップスター・珠城りょうが、「すっきり爽快感のあるパワフルな舞台をお届けしたい」とコメント。また、ルイ14世役演じるトップ娘役・愛希れいかが、「私は、初観劇が小池先生の作品で、それが入団のきっかけ。先生の作品にこうして再び出演できることをとても幸せに思います」と話し、小池も、「彼女のように、宝塚歌劇を志す年代の少女たちが夢や希望を持てるような要素もある。幅広い世代の方にウキウキした気持ちで帰っていただけるよう、楽しい作品にしたい」と話している。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス