文字サイズ

早実の清宮は1安打1打点高校野球秋季東京大会

 高校球界屈指の強打者、早実2年の清宮幸太郎が23日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた秋季東京大会3回戦、片倉戦に「3番・一塁」で出場し、本塁打はなく2打数1安打1打点だった。試合は12-2で五回コールドゲーム勝ちし、8強入りした。29日の準々決勝では強豪の関東第一と戦う。

 第1打席で三振に倒れた清宮は二回の第2打席で死球。三回は2死満塁から押し出し四球を選び、五回は右前打を放った。来春の選抜大会出場を狙うスラッガーは「一つ一つ勝つにつれ甲子園に近づいていっている。目の前の試合に勝つことに集中したい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      高校野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(高校野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス