文字サイズ

サプルマインド大化けする可能性も十分

 「POG2歳馬特選情報」(4日)

 クラブ事務局に関西の注目2歳馬の現況や牧場評価を報告してもらった。

 サプルマインド(牝、父ディープインパクト、母シリアスアティテュード、栗東・藤原英)は「小さい馬体ながら、成長の余地を残す。大化けする可能性も十分」と評価。

 ラッシングベル(牡、父ステイゴールド、母ミスベルベール、栗東・大久保龍)は半兄に重賞勝ち馬サトノアポロがいる良血馬だ。「社台ファームで調教が進む組の1頭。動きがいいし、集中して走るようになれば大物の可能性も」と期待する。

 カイザーバル(牝、父エンパイアメーカー、母ダンスインザムード、栗東・角居)は「調教の動きが良く、楽しみ」と大物感たっぷり。

 ファンタサイズ(牡、父ハーツクライ、母ファンジカ、栗東・矢作)はダイワマッジョーレの異父弟。「雄大な馬体で大物感がある」と高く評価した。

 新種牡馬ヴィクトワールピサ産駒からはテラノヴァ(母エアトゥーレ、栗東・須貝)。08年の皐月賞馬キャプテントゥーレの異父妹で「期待の良血。既に山元トレセンへ移動し、早めの入厩も」と即戦力候補だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    POG特選情報最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス