文字サイズ

【6日・園田10R おゝ浜のポン酢特別】斤量56キロに戻りユーデモニクスが巻き返す

 現級連勝を狙ったユーデモニクスの前走は惜しくも2着。軽快に逃げるリッカサンサンを最後までとらえ切れなかったが、脚色は優勢。斤量も1キロ多く背負っていただけに勝ち馬以上に能力の高さを感じさせる一戦だった。ペースに応じてスムーズに立ち回れるようになり、一層安定感も増してきており進化も継続中。定量56キロに戻って、今回の顔ぶれなら巻き返せる。

 エイシンシエルは最昇級戦となるが、3走前にはB1級との混合戦で3着と善戦していて、そのレースの勝ち馬も前記したリッカサンサン。既に連対実績もあり、再度好レースになるだろう。レオベストは近2走、先行馬勢に押し切られるレースが続いているが、目を引く末脚は駆使している。流れがカギを握るが差し切りがあってもおかしくないパワーの持ち主だ。トゥリパも前走のようにスムーズに先行できれば再度上位に顔を出せる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      今週の注目レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス