文字サイズ

高松競輪 ヤクルト杯 モーニング競輪

【高松競輪】1R発走は8時30分 A級1、2班の決勝戦は久保田泰弘が豪快弾を放つ

V獲りへ気合が入る久保田泰弘

 「ヤクルト杯 F2モーニング競輪」(29日、高松)  29日は準決を中心に争われた。チャレンジステージでは5Rの伊藤颯馬(沖縄)が圧倒的な機動力を駆使して1着。8連勝としてA級2班への特別昇班に王手をかけた。A級1、2班戦は照屋将貴(沖縄)が8R、末木浩二(山梨)が9R、磯川勝裕(東京)が10Rを制した。30日は最終日で決勝戦がメイン。9Rのチャレンジステージは伊藤、10RのA級1、2班戦は久保田泰弘(山口)を本紙本命に指名した。

高松競輪ニュース

【高松競輪】馬場圭一コラム チャレンジステージは伊藤颯馬に注目 抜群の脚力で特別昇班だ

馬場圭一さんのイチ押しは抜群の脚力を見せている伊藤颯馬

 「ヤクルト杯 F2モーニング競輪」(29日、高松)  まず準決を振り返りたい。チャレンジは、それぞれに持ち味を出して、115期から4人が勝ち上がった。4Rの城戸俊潔(岡山)は外並走からまくって11秒6。

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス