文字サイズ

高松競輪デイリースポーツ杯

【競輪】金子幸央、荒牧聖未が仕切り直してVを狙う

 切れ味鋭いダッシュを見せる金子幸央

 「デイリースポーツ創刊70周年記念競走・F1」(8日、高松)
 台風5号の接近に伴い、7日に行われる予定だった最終日は中止。8日に順延となった。なお、出走メンバー、枠番に関しては前日発表されたものから変更はなく10RでA級決勝、11Rでガールズ決勝、12RでS級決勝が行われる。
 ガールズ決勝は完全Vを狙う荒牧聖未(栃木)が中心。逆転候補は石井貴子(千葉)に大久保花梨(福岡)。石井は「中止は残念ですが、打ち切りにならず走れるのはよかった。(順延でも)体も気持ちも大丈夫」と8日の決勝を見据えていた。
 S級決勝は連日ワンツーを決めている金子幸央(栃木)と芦沢辰弘(茨城)が決勝も万全のタッグを組む。金子は順延になった7日の午前中に検車場に現れ、ローラーに乗って汗を流した。「(順延になる)心の準備はできていたので大丈夫。今回は練習仲間の隅田(洋介)さんもいて本当にリラックスできています」とニッコリ。4車並び2段駆けの可能性もある北日本勢が強敵だが、心身ともに充実している金子が切れ味鋭いダッシュで突破口を開く。

高松競輪ニュース

【競輪】112期在校1位・大久保花梨、自在性生かし初優勝狙う

 デビュー初Vを狙う大久保花梨

 「デイリースポーツ創刊70周年記念競走・F1」(8日、高松)  競輪学校の112期在校成績1位の肩書を持って、7月にデビューした大久保花梨(19)=福岡・112期・L1。今開催の初日6Rでは石井貴

レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス