文字サイズ

川崎競輪・桜花賞・G3

【川崎競輪】地元トリオが強力なラインを形成。番手郡司浩平が2年ぶり2回目の桜花賞制覇だ

3人で結束して優勝者を出したい地元トリオ(左・松井宏佑、中央・郡司浩平、右・志佐明)

 「海老澤清杯 桜花賞・G3ナイター」(21日、川崎)  20日の3日目は準決勝3個レースを中心に争われた。10Rは吉田拓矢の先行に乗った平原康多、11Rは窓場千加頼の逃げから番手まくりを決めた三谷竜生、12Rは松井宏佑が最終バック5番手からまくり、松井追走の郡司浩平が差し切ってそれぞれ1着を決めた。  決勝12Rは3人で結束する地元ラインが強力。本命は番手の郡司浩平(28)=神奈川・99期・S1。68周年以来2年ぶり2回目の桜花賞制覇へこん身の番手まくりを放つ。また6Rでは7車立てのブロックセブンが行われる。本命は勝瀬卓也(42)=神奈川・84期・S1。小松崎大地の自力に乗って差し脚を発揮すると見た。

川崎競輪ニュース

【川崎競輪】松井宏佑がドキドキしながら決勝進出

地元ラインの先頭で主導権奪取に燃える松井宏佑

 「海老澤清杯 桜花賞・G3ナイター」(21日、川崎)  松井宏佑(26)=神奈川・113期・S2=が、アクシデントにも負けずに決勝進出を果たした。  3日目の準決12Rは、杉森輝大-武田豊樹が打

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス