文字サイズ

【朝日杯FS馬体診断】ウイングレイテスト

 「朝日杯FS・G1」(15日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ウイングレイテスト 評価C】

 少し緩めに映るタイプだが、今回はさらに厚みがあるように見え、筋肉の張りがもう一歩の印象。気温が下がって絞りにくい時季に入ってきたとはいえ、まだ良化の余地を残している。

 見た目にもやや前肢が勝っている分、全体的なフォルムとしても完成はまだまだ先か。それでいてこの戦績は資質の良さを物語っており、現状の馬体のバランスならマイルの舞台は最も良さそう。当週のひと追いに注目したい。

(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F67秒0-39秒4-13秒0(馬なり)。僚馬を大きく追い掛けながらも、直線は追われる相手を尻目にいつでも抜け出せる手応え。柔軟なフォームは前回と遜色なく、好調をがっちりとキープ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス