文字サイズ

【朝日杯FS馬体診断】ラウダシオン

 「朝日杯FS・G1」(15日、阪神)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ラウダシオン 評価B】

 首差しの長さは普通ぐらいも多少太め。このあたりはリアルインパクト産駒らしいが、胴は気持ち長めで脚も長いスラッとしたシルエットだ。肩の角度からもストライドは多少伸びる分、マイルぐらいまでは全く問題ないだろう。

 つなぎは短めで立ち爪。少し硬さもある分、道悪競馬はうまい部類だ。問題は高速馬場への対応だが、クッションがあり過ぎるよりは少し硬めの方が良さげ。また余分な脂肪がなく、りりしい目つきで走ることに前向きな点も強調材料だ。今年のメンバーなら上位の評価。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉池添を背に栗東CWで6F84秒5-38秒1-12秒1(馬なり)。馬場の大外を軽快なフットワークで駆け抜けた。好気配。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス